【暴走】勘違い男による被害報告2人目【粘着】 より
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1174391152/

392 名前:おさかなくわえた名無しさん:2007/04/09(月) 15:44:10 ID:C6TQgBeU
勘違いと云うより距離ナシなのか? たまに謎な電話を寄越して来た男が自分にも居た。

中二の時に一度だけ同じクラスになったAくん。
高校も違ったし、そもそもまともに喋った記憶すらない。
 
最初は中学卒業後の春休み。えらくフレンドリーな近況報告(つーか…進学する高校は何処そこってな)電話が掛かってきて、話のついでみたいに『付き合ってくれ』と告げられ違和感と困惑。
“貌は知っている”程度の間柄でいきなりそんなこと云われても…と、断った。

二回目が高二の秋。夜の七時頃に出し抜けに『これから一緒に遊びに行かないか?』との電話。
『???』となりつつ、『明日試験で勉強しなきゃいけないし』と、断った。

高校卒業して東京の学校に行き一人暮らしをした。夏休みに実家に帰省。母が
『この間あんたにAくんって人から電話あったよ。“東京の学校に行ったから、今(実家には)居ません”って云ったら“いつ、帰りますか?”って訊かれた。一応、お盆の頃に戻るって教えたから電話あるかも』
『……へ…へぇ 私のあちら(東京)の電話番号とか住所とか、教えてないよね?』
『うん。あんたになのに何だかあんたじゃない人のこと話しているみたいで妙だったから』
『…それは、どう云う意味?』
『だから、その人の云ってるあんたって別人みたいだった』
それ以降は、何も音沙汰なく終わり。

まぁ大した事ないな。けど相手が何故自分に意表を突くような電話(しかも物凄い大親友口調で)寄越すのか、訳判らなかったから不気味だったよ。
母の聞いた“私じゃないような私”ってのも、どんな人物像だったのか? ちょっと気になる。
当時は、何かのバツゲーム? 或いは、ひょっとして何者かが自分の名を騙っているのか?
などと思っていたけど、向こうの妄想が勝手に進展してた可能性もあったのかも知れない。