62: 名無しさん@おーぷん 2015/02/12(木)17:34:11 ID:oOC
結婚して旦那の暮らす田舎に引っ越したんだけど、パートしようにも店がないって感じの場所だから、近所の会社化してる大きな農家で野菜の袋詰め作業をしてた。

そこには農業を志して研修をしてる若者が何人も働いてたんだけど、器量も愛嬌もよいし仕事の手際は抜群のA子という若い女の子がいた。

男性陣はみんなA子にメロメロで、結構他の研修生より大事にされてる感じがあったけど、いつも熱っぽく
「この作物を作ってこういう売り方をしたい」
と自分の将来を具体的に語るA子に対し、周囲が
「あなたがやりたいって言ってたことを実践するチャンスがあるよ」
と話を持ち込むと、全て速攻で
「そういうのは望んでません」
とバッサリ拒否する。




周囲は
「A子が自分でやりたいって言ってたことじゃない。
何日か考えて結論出しなさいよ」

と口ぞえしても
「嫌なものは嫌なんです」
で終了。

それを三回も繰り返すと
「A子は口だけで実行力のない子」
という認識になるし、じゃあ誰か他に挑戦してみる人いないか、と探した時にいつもA子の陰で目立たなかったB子が
「私やってみたいです」
と名乗りをあげてなんでも1人でコツコツと結果を出していく。
当然B子の評価があがっていくと、段々とA子は仕事に不真面目になってきて、最後は自分で辞めていった。

その辞め際に
「みんなB子ばかりひいきして私にはチャンスをくれない」
と愚痴られたのが、他の研修生達より格段に贔屓されてる現場を何度も見た私からすれば衝撃だった。

それから十年近く経って最近A子と再会した。
農業を諦めた後は工芸の職人を目指して数年で挫折、最近はパン職人を目指してたけどやっぱり挫折してどこかの工場でバイトしてるらしい。
農業→工芸→パンっていう繋がりのなさにもびっくりだけど、私と一緒だった農場以外の職場でも、キャリアアップのために必要な試練が降ってきたら
「したくない」
と拒否してたら、雇い主の態度が変わって辛くあたられるようになったから辞める、を繰り返してきたらしい。
「農家でも工芸でもパンでも、その道のプロを目指して働き出したのに
「職人になりたくて入ってきたけど必要な試練を乗り越える気も責任負う立場にもなりたくありません。
末端の作業だけやっていたいです」

って態度ならそりゃ雇い主も冷たくなるわよ」
と答えたら、
「友達にも同じこといわれたけど私は雇い主がおかしいと思う。
従業員を大事にしてないのは経営者失格」

と斜め上の持論を展開されてさらに衝撃だった。

元々高学歴、有名大学を中退してる人だけど、30中盤になっても自分探しが終わらないで、世間を悪く言うようになるって。
もう色んな意味で終わってるよなあ。



自分で決める 人生の終い方: 最期の医療と制度の活用