619: 名無しさん@おーぷん 2015/09/21(月)05:01:29 ID:L78
書くのに慣れていない上、長文です。
読みづらかったら申し訳ありません。

就職した先が特殊?な職場で、そこは勘助・ストーカーのオンパレードでした。
大体30~60歳位のオッサンが多く、女と言えばパートのおばさん(既婚)と、若いが髪色が年中ハロウィンみたいな派遣さん達くらい。
黒髪ロングの、いわゆる清楚系?みたいなのは私だけ。

配属された部署で上司に気に入られたまでは良かったけど、その上司が段々おかしくなってきて、私が他の男性社員や男性のパートに仕事を教えてもらうと急に態度が悪くなり、
「今日は俺の横について仕事しろ」
と言っていたのに急に
「寄ってくるな!」
と叱られたり、仕事を教えてくれない・露骨に無視する等されたり。




最初は
(何か悪い事したのかな)
とか、
(怒りっぽい人なんだなー)
と思って機嫌悪くなるたび謝っていたけど、休憩中に男の人と仲良くなってメアドを交換したと知るやいなや
「ビッチ、純粋な子だと思ったのに!黒髪に!黒髪された!」
と罵られ、
(騙すも何も…)
と半泣きになり。
それ以降はほぼ無視されながらも、パートさん達が深く同情して助けてくれたのでなんとか日々業務をこなしてた。

620: 名無しさん@おーぷん 2015/09/21(月)05:03:42 ID:L78
そんな中、メアドを交換した男の人と月3~4回程度メールをしていて、内容は毎回向こうから
「仕事お疲れ様」
とか
「お前また上司にいじめられてたなーw」
みたいな職場の話を2往復程度。

…だったのが、ある日突然
「お前俺の事好きだろ」
とメールが来た。
(間違い?酔ってるのか?)
と思って
「送る人間違えてない?」
と返信したら数時間後、長々文メールが来ていて
「一目見て俺はお前と添い遂げる夢を見たのに」「もう付き合っていると思っていた」
等自分に酔った文がズラーッと。
恐ろしくなったけど、どうにか
「頭を冷やして冷静になりなさい」
と返信。

その後なんの音沙汰も無く、姿も見なくなり安心していたら2ヶ月後。
「実は俺バンドやってて…お前にライブに来てほしい、お前とやり直したい。」
とよくわからないメールが来た。
しかし私は先の話の上司に
「俺がいないと仕事にならないってわかっただろ?彼氏として付き合ってやってもいいぞ」
とニヤニヤしながら言われすでに精神的に参っており、文句を言う気にもなれず、
「間違いメールですか?」
とだけ返信した。

その後忘れた頃に何回かメールはあった。
誰かわからず
「どちら様ですか?」
と一度返した以外、返信はしていない。

他にも、会社では笑顔で挨拶するよう心がけてたら親と同年代のオッサンに勘違いされつきまとわれたり。

同い年の人に猛アタックされ、『とりあえず友達から…』となったのはいいが、
「君は黒髪ロングで清楚でお淑やかで○女で自分にふさわしい人、君は女神なの?」
と電波バリバリのよくわからない人だったり。

基地外に片足が浸かった人がつきまとってきたあげく、課共有の連絡ノートに私のフルネームを見開きいっぱい使って何度も何度もズラズラと書き込んでいて問題になったり、大変だった。

文にするとそれほどでも無いようだけど、この数年本当に地獄でした。
退職願が受理されたので厄落としに!
と吐き出したら長くなりました。
ごめんなさい。



図説 百鬼夜行絵巻をよむ (ふくろうの本)