59: 名無しさん@おーぷん 2016/02/29(月)16:04:56 ID:UUM
大昔の話。
大学入学して、量販店でバイトを始めた時の事です。

私と全く同じ日に配属されたA(男性)。
お互いこのバイトは初めて同士なので、色々助け合ったりして一日で割と仲良くなりました。
上がり時間も一緒で、向こうから
「一緒に帰りませんか?」
と言われたので、帰りつつ色んな話をしました(方向も一緒だった)。

そしたら、年齢も一緒だし、Aの通ってる大学に自分の友人が行ってたりと共通点が多くて話も盛り上がりました。
新しいバイトで緊張するけど、仲良くなれそうな人が出来て良かったなぁと思っていました。
Aも
「また一緒のシフトだったらよろしくね!」
と言っていたので、次にシフトが一緒になる日を楽しみにしていました。

ですが、その後二週間位Aと同じシフトになる事がなく…。
二週間後Aと同じシフトになり、私は
「A君、久しぶり!」
と声をかけました。
すると、あの日のAと同一人物なのか?と、思うくらい冷たい態度のA。
かろうじて挨拶は返すけど、共同でやらなきゃならない作業にも支障をきたすレベルの態度。
私「A君?」
A「聞こえてるよ!」
私「◯◯を××しないとならないんだけど…」
A「(無視)」
こんな感じ。




私がAと話したのは初日の一日きり。
(何か悪いことしたかな?)
とも考えたけど、帰りの時もむしろ向こうから声かけてきたし、私が無理矢理誘った訳じゃないし…話もむしろ盛り上がったし。
私の勘違いじゃなく、Aも
「こういう所でバイトするの初めてだから緊張した。でも(私)さんみたいな話しやすい人いたから安心したよー!」
って言ってくれたし。
何が何だか分からなかった。

その後も、私と同じシフトだと露骨に無視するA。
しかしその量販店のフロア自体が広いし、仕事内容がかぶらない事も多く、Aに無視されても特に支障はなかったのであまり気にしないようにしていました。

62: 名無しさん@おーぷん 2016/02/29(月)16:38:33 ID:UUM
それから半年後、その原因らしきものが分かりました。

あまり一緒にシフトに入る事がなく、特にしゃべった事のないB(女性)にバイト終了後に唐突に話しかけられました。
B「(私)さんって彼氏いるの?」
私「あ、一応いますけど…」(唐突になんだろこの人?)
B「え、それってどこの人なの?この職場の人?」
私「違います、同じ大学の人です」
B「付き合ってどの位?」
私「まだ二ヶ月位ですけど…」

今まで全然会話したことなかったのに、グイグイ私の彼氏の話を聞き出すB。
他にも住んでる所とか年齢とか、どこでデートするのか、等色々聞かれました。
今なら、そこまで仲良くない人に聞かれても適当にお茶を濁していたと思いますが、当時はBが年齢も上(二十代後半)だった事もあり、勢いに飲まれて素直に答えてしまいました。

一通り質問が終わったら、
「そうなんだ、お幸せにね^^」
みたいな感じで満足したように去っていきました。

次の日。
私はAとシフトが一緒で、うわっと思っていました。
が、半年近く殆ど無視状態だったAがめっちゃ笑顔で近寄ってくる!
A「(私)さん!」
私「おはようございます…」
A「久しぶりに一緒のシフトだね!今日もよろしくね!(以下ダラダラと世間話)

何が何だか、再び分からなくなりました。
その後もずっとAはニコニコしてました。
愛想もいいし、この半年は何だったの状態。

その数日後、別の人から
「A君とBさんは付き合ってるんだよねー!私も最近知ったけど、実はA君が入って間もない頃かららしいよ!」
と聞きました。
どうやら、会わなかった最初の二週間のうちにAとBは付き合いだした模様。
それで、もしかしたら?と、思い当たりました。

もしかして、私がAの事を好きだと勘違いされてた?
初日のあのおしゃべりで、私がAを狙ってると警戒されてた?
それであの態度?

半年も経って自分の彼女(B)に確認して貰って、やっと私の疑いが晴れたという事でしょうか?
Bの質問は
「もしやこいつAの事を脳内彼氏にしてるんじゃ?」
と、しつこくなったんでしょうか?
それで、私の彼氏がどうやら実在する人物で、Aの事を指してるわけではないと悟って安心したんでしょうか?

聞いてくれれば答えたのに、ずっと半年も無視したり変な態度だったAの神経が分かりません。
好きでもない相手に「こいつ俺の事好きかも」と思われて警戒され変な態度を取られて、また勝手に納得して態度を変えられた事も。
もし、私がAの事好きだったとしても普通に断ればいい話なのに。

そのうち、私はこの職場を辞めてしまったので(別にAのせいではない)、その後AとBがどうしたのかは分かりません。
勝手に人を勘違いしないで欲しいと思いました。

広い職場だったので、Aのはた迷惑な行動は殆ど誰も知りません。
私からこんな事愚痴ったら「勘違い女」と思われそうだから誰にも言えませんでした。
そこがちょっと悔しいです笑



スーパー・ポジティヴ・シンキング ~日本一嫌われている芸能人が毎日笑顔でいる理由~ (ヨシモトブックス)