619: 名無しさん@おーぷん 2016/04/06(水)14:13:51 ID:3x6
一方的に冷められていた話。

同じ部署の同僚で、Aという男性がいた。
仕事で組むことが多く休憩時間もよくかぶるので、一緒に過ごす時間が多かった。
年も近いしノリも合うのでそれなりに仲が良くなり、仕事帰りに何度か飲みに行くこともあった。
Aからはよく
「お前は女として見られへんわw」
と言われていたし、私も全く異性として意識していなかった。
飲みに行っても勿論終電前には帰っていたし、休みの日に会うこともなかった。




ある日、急にAから距離を置かれる様になった。
別の人と組むようになったし、事務的な会話しかしなくなった。
(何か怒らせる様な事したっけ?彼女が出来て女友達と縁を切るように言われた?)
とか色々考えていると、先輩が
「Aと別れたって聞いたけどマジ?」
と聞いて来た。
意味が分からなくて話を聞くと、
『アイツは良い奴やけど、嫁にしたら色々問題ありそう。残念やけどもう終わりにした。』
だそうな。

終わりにするも何も、始まってすらいないんですけど!?

先輩に説明すると
「Aは●○拗らせて妄想癖あるからなーw」
と私の言い分を信じてくれた。
興味本意で私のどこが『嫁として問題アリ』と言っていたのか聞いてみると、
・私が家で使っているパソコンが学生の頃に買ったVista。
・しかもマウスがコード付きのボールが入った古いタイプのヤツ。
・TVは未だにブラウン管で、チューナーをつないだモノを使っている。
・いつも音楽を聴いているイヤホンが、音質最低のモノラル。
等々が気に入らないそうだ。
(ワァクダラネー)
と思った。
Aはパソコンやらホームシアターが趣味で、音響にスゴく拘っているらしい。
『(私)を嫁にすると、それらを勝手に処分されるかもしれないと思った』
だそうだ。2ちゃんでよくある話の様に。
どれだけ妄想が先走ってるんだよw

その後、部署が変わったからAと会うことも無くなった。
向こうは恋人として冷め、こっちは友人として冷めた話でした。



こじらせチェリーの恋の病 (ビーボーイコミックス)