660: 名無しさん@おーぷん 2018/03/02(金)05:58:53 ID:lAI
去年、元彼とデートで行った神社に女子高生の団体がいた。
女子しかいなかったので多分女子校の修学旅行だと思う。
その集団と少し離れたベンチに、若い女の先生と若い男性の先生に付き添われて先生に挟まれて座って泣いている女の子がいた。

女の子「お母さん、昨日、修学旅行楽しんでって言ってくれたのに!何で…」
女の先生「辛いわね。先生何もできないけど、話だけは聞くから…。ここだと、一般の人びっくりするから先生とバス戻ろうか」
女の子「はい…。」

そこに元彼が近づいて
「どうしたん?あかんやん、女の子泣かしたら~。」
と男の先生に声をかけた。




元彼は先程の会話は聞こえてなかったっぽい。
「あ、すみません。ご心配おかけして。」
と慌てた様子で男の先生が謝った。

女の子は怯えてさらに泣き出して嗚咽して呼吸が荒くなった。
女の先生「すみません。ほら、山田(女の子)、涙拭いて」(ハンカチを手渡す)
元彼「山田~、どうしたん?何があったのか話してみ。」
私「ちょっと、やめなよ。失礼だよ!」

すると女の子が猛ダッシュで神社から走り出した。

男の先生「あ~、もう…。
○○先生、僕、報告に行くんで追いかけてください。」

女の先生「はい、わかりました。山田~待って~!山田!」(女の子を追いかける)
元彼「山田!どうしたんや!山田!!!」(元彼も追いかける)
男の先生が
「結構です!うちの者が追いかけますんで!」
と強めのトーンで言うと
「ええー。遠慮せんでいいのにー。」
と言い放った。
本当に追いかけようとしたので私が必死に止めた。

元彼に
「なんか、お母さん亡くなったみたいなこと言ってたし、知らない子だから怖がられたんじゃない?」
と指摘すると、
「あ、そんなこと言ってた?
俺もよく子供の頃、泣いてたら近所のおじさん、おばさんが声を掛けてくれて安心したんやけどな~。
最近の子シャイやな~。都会っ子なのかな?」

と。
「いや、何歳でも泣いているところに知らない人に心配されて声掛けられたら怖いし恥ずかしいよ。」
と言っても聞く耳持たず。
しまいには共通の友人に
「号泣してた女子高生無視した」
と言いふらされた。
みんな、元彼に引いてた。

元彼は迷子の子供がいたら話しかけてあやしてあげたことがあって、良い彼氏だと思ってたけどただの空気読めない人だった。
ていうか、変質者じゃん。
止めるのに時間かかって申し訳ない。


661: 名無しさん@おーぷん 2018/03/02(金)06:20:51 ID:7Pk
>>660
元カレ何歳?
保護してる大人が2人もいるのによくもそんな事が出来たもんだね。
はっきり言って変質者だよ。
共通の友人がいるなら言いふらしてやりたい。


662: 名無しさん@おーぷん 2018/03/02(金)06:46:00 ID:lAI
>>661
元彼は27です。
男の先生も彼と同じくらいの年でした。
女の先生は新人っぽい雰囲気でかなり小柄な人だったんですが、元彼は
「背が低いと早く走れないだろうから、元陸上部の俺が連れ戻してあげようと思った。」
と言ってました。
共通の友人の中にはこの話を聞いて、
「そういえば、介助者がいる視覚障害のおじいさんに乱暴に腕を掴んで道案内しようとしたから止めたことがあった。悪気はないんだし、注意したら反省した様子だったから忘れてたけど…。」
と言った人がいました。

ちなみに彼は教育関係の仕事ではありませんが、大学時代に教員免許(中高社会と支援学校)を取得しています。



おまえに三行半!―いいからほっとけ!シリーズ (角川ルビー文庫)