808: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)21:36:12 ID:JpL
私:事務員喪女
Aさん:経理事務員男性、私の1つ下らしい

課長がいきなりAさんに
「彼女いないなら(私)さんなんてどうだゲハゲハ」
と言い出し、
Aさん「いや~勘弁して下さいよ」
私(苦笑)
そんなやりとりがあったのに、
なぜか直後からAさんが私にベタベタ触ってくるようになった。




それまでAさんとは親しくも何ともなく好きでも嫌いでもなかったが、触られたことで一気に無理になった。
避けていたら給湯室まで追ってきて
「課長がああ言うから親しくなろうと思い、触ってあげたのに失礼じゃないか!」
とプンプンされた。
「いや触られたくないです。いつ触って欲しいなんて言いました?」
「言われてないが君を好きになろうと思って」
「???」
「男は女にボディタッチをしているうちに好ましく思えてくるのだ」
「そうですか、女は逆です。
何とも思ってない男性にボディタッチされるとどんどん嫌いになります。
よって今のあなたは私にとって本当に無理な存在です。
無理すぎるので近寄らないで下さい。
ほんと無理です」
無理無理無理を連呼していたら、やっと理解してくれたらしく離れていった。

後日、同僚経由で謝罪されたけど、ほんと神経わからない。



犯行声明 2017年 2/14 号 [雑誌]: 週刊実話 増刊