200: 名無しさん@おーぷん 2018/10/03(水)00:38:15 ID:Hic
小学生の頃の夢がアイドルとか女優になる事だった。

祖父母や両親、近所のおばちゃん達からもずっと
「可愛い可愛い」
って言われて生きてきたから、本当に心の底から
(自分は宇宙一の美少女だ)
と信じてたんだよね。
日に何度も鏡を見ては自身の可愛さにうっとりしてたわ。

そんなある時、街で美少女コンテストみたいなのが開催される事になってさ。
優勝者には5万円分の商品券。
そしてなんとテレビに出演出来るというおまけ付き。
と言ってもローカルテレビのちょっとしたインタビューなんだけど。
もう死ぬほど歓喜したね。
(とうとう私の時代が来た、世界中の人達に私という存在を教えてあげられるんだ)
って。




コンテストの本戦に出場する為にはまず写真審査があった。
(きっとふつうの子達はここで躓いちゃうのね。大変だなぁ。)
なんて事を思いながら、元写真屋の祖父にバッシャバシャ撮ってもらった。
(写真集作る気かな?w)
ってくらい撮るわ撮るわw
祖父は
「可愛いな!さすが(孫)ちゃんだな!」
と恍惚の表情をしてた。

撮影が終わり、
「さーてどの写真にするかな」
と現像した物を家族で見る事にしたんだけど、
そこに写ってたのは宇宙一の美少女ではなく糞キメェ顔してこちらに微笑みかける勘違いデブスだった。

(え、これ私?嘘でしょ??)
と固まる私をよそに、家族は
「この(私)ちゃんも可愛いわ!」
「それもいいけどこっちの孫ちゃんの方が知性が溢れてるぞ!」
と盛り上がっていた。
見覚えのないデブスを私といい和気藹々とする家族の姿に気分が悪くなった私はその場を離れ、いつものように愛用の鏡で自分の可愛さチェックをするとそこには写真に写ってたデブスが確かにいた。

あの瞬間から私の “自分可愛い” という幻想は消し飛んで現実を受け入れる事が出来た。
しばらくは自分=デブスという事実が辛くて仕方なかったけど、
友達はあからさまに増えたなぁ。



ボールペン & はがきセット(6種類)つまづいたって