137: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)11:52:03 ID:S8D.9a.iu
バイトの休憩中、嫌いな食べ物の話題になった。
私は
「酢豚に入ってるパイナップル」
と答えた。
そしたらAという男性(同い年)に
「パイナップルって言えばいいじゃん。
なんで『酢豚に入ってるパイナップル』なんて変な答え方するんだ。
繊細ぶってる」

と絡まれた。




「パイナップル単体は嫌いじゃない。ジュースも缶詰も食べる。
でも酢豚に入ってる時だけ苦手なの」

と言っても
「ややこしい言い方して、気を遣ってもらおうとしてる」
と言い張る。
他の人が
「酢豚のパイナップル、オレも好きじゃないからわかる」
「私もサラダに入ってるリンゴは苦手」
と言ってくれたけど、Aはやっぱり私にだけ絡む。
休憩時間が終わって作業に戻ってからも、
「繊細ぶってる人がいるとやりにくいな~」
と聞こえよがしに言われたりした。
(酢豚のパイナップルに助けてもらった恩でもあるのかよ)
と思いながら無視した。

その後一週間くらい、商品のパイナップルの缶詰を持ってきてニヤニヤしたりとAは奇行を続けていた。
でもバイト先に彼氏が迎えに来てくれて、
「誰?」
「彼氏」
という会話をしたのを境に、急に止んだ。

彼氏は結構ガチムチなので
(怒らせたら怖いと思ったのかな)
と思っていたけど、Aがバイトを辞めた後、店長に謝られて事実が判明。
店長が
「(私)さんはきっとAくんに気があるね!」
と言ってからAの態度が私に対しておかしくなり、彼氏が迎えに来た日はAは大荒れに荒れて、店長に
「無責任なこと言うな!」
と食ってかかったらしい。
ちなみに私が「酢豚のパイナップルが嫌い」と言ったのは、店長が「(私)さんはきっとAくんに気があるね」と言った直後だった。
要するにAは、私がAのことを好きだと思って私をイジりまくっていた。

「好かれてる(誤解だが)のが迷惑で、嫌われたかったんですかね?」
と店長に言ったら
「デートのセッティング頼まれてたから、Aくんまんざらじゃなかったと思う」
だって。

店長をキモいと思ってしまったので、バイトはすぐ辞めた。
Aの神経も店長の神経もわからない。


138: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)13:02:00 ID:VhF.32.nq
>>137
勘助製造元の迷惑店長はもちろん駄目駄目だけど、自分に気がある(と思い込んでる)女性に、人を小バカにした小学生レベルのいじりをかましてくるAみたいな男も、本当に馬鹿だなと思う。
そんな失礼なチョッカイに女性が喜ぶとでも思ってるのかね。
…思ってるんだろうね。



パイナップルの彼方 (角川文庫)