86: 名無しさん@おーぷん 19/10/06(日)06:31:16 ID:M53
元彼が
『将来社長になる僕はえらい!』
の勘違いヤローだった。

長くなる。

サークルが同じで付き合ってたのは大学生の頃で、親の職業とか知らないことも多いけど、元彼は就活の話とかチャンスがあれば
「俺、将来家継ぐし」
って言ってた。
付き合いだしてからも
「俺のオトンは社長だから礼儀とか厳しい」
とか
「オトンは社長だから金の貸し借りは絶対するなって言われてる」
とか
オトンが社長=社長はえらい=オトンえらい
って感じ。
『一家のために働く父親を尊敬してる』っていういい話ではなく、
社長はえらい=将来社長になる俺もえらい!
みたいな典型的なバカ息子。




彼自身大学の学部は法律や経済系でなく、大学内では正直偏差値低めの福祉系学部。
学部内でも幼児教育とかは偏差値高いけど1番低い福祉学科。
偏差値をバカにしてるわけではなく、福祉学科でも志し高く資格をガンガンとって将来はケアマネとか目指す人もいっぱいいるし、学生の頃から選択的にそういう道に進む人たちはすごいなって思ってた。
けど、元彼は資格とかはとってない。
学部の特性上成績の出し方が出席重視が多く、成績という点ではよかったらしい。
授業のお友達しかいないキョロ充だからそりゃまじめに授業に出るわ。
テスト前、サークル内で私を含む評価基準がテストオンリーの学部生を見て
「俺、成績いいから余裕」
って冗談のていでバカにしてたんだと思う。
なんで福祉学部か聞いたら
「将来、家を継ぐから学部とかなんでもいいし」
らしい。
大卒という肩書が欲しかっただけ。

おうちは親族経営で零細企業の町工場。
それでもなぜかそのうち
『俺、将来社長!』
でマウントを取ってくるようになった。
最初は
「社長って大変なんだよ。従業員の家族も養っていかなきゃいけないんだよ」
って言ってたけど
「小さい頃から社長になる俺はそんなこと知ってるし」
って感じで聞く耳を持たなくて冷めた。

彼はマウントとってたつもりなんだろうけど、
うちの家も祖父・会長、父・社長、母・専務の会社。
従業員の人数ではうちの方が多いんだよね。
零細だし父の引退と共に畳む予定。

周りにも何人か自営業の家の子の友達がいるけど、みんな継ぐべきかとか継ぐための大学選びとか継ぐための就職先とか、高校生くらいから考えてた。
上場企業の社長ならまだ分かるけど、零細企業の社長で威張れるなんて親の教育が知れてる。

考えて継ぐと決めた友達は銀行とか上位互換の企業とかに就職していったけど、
元彼が選んだのはネットで検索したら怪しい(売り逃げ?)と口コミが上がるインテリアの会社。
当時、就活買い手市場で怪しい会社まで活動範囲を広げてる先輩は多くいたんだけど、元彼は
「この会社めっちゃいい!」
と会社説明会で妄信。
たいして景気が良くないのに給料がいいとか、なぜか超高額のインテリア冊子を見せられ
「本当にいいものは高い!〇〇にも売ってあげるね」
とか内定出る前から言ってた。
「これをバンバン売っていく!」
とか悦に浸ってた。
就活生すらもマルチにかけるのか…って思ってさすがに別れた。

サークルの友達が
「(元彼)のSNSがヤバい」
というので一緒に見てみたら、
プロフ写真が作業服の斜め自撮りで
「家を継ぐために戻ってきました!」
となぜか敬礼で最高にキモいwww
コメ欄に地元の友達っぽい人が
「自営業だったんだーまた飲もう」
ってコメントへの返しがキモさMAXで
「そうだよ!ってか前に言ったし」
『そうだっけ』の返信に)「言ったよ!『●●と結婚したら私社長夫人ー』って言ってたじゃん」
飲みの席の話を鮮明に覚えててかなり痛いやつだった。

まだ代替わりしてないしリニア特需があるのかつぶれてないっぽいけど、そのうちつぶれるんだろうなと思ってる。



Iranzo: Iranzo Coat of Arms and Family Crest Notebook Journal (6 x 9 - 100 pages)
Iranzo