31: 名無しさん@おーぷん 20/02/23(日)15:51:14 ID:tN.wt.L1
俺には年齢=くらいの付き合いになる幼馴染(♂)がいます。

そいつは中学の頃からずっと作家を目指していました。
俺は作品を見せてもらったことはありませんでした。
「作家としてデビューが決まった時か、作家を諦めた時にお前に見て欲しい」
と言われていたからです。




そんな彼がこの前、
「才能がないと自覚してしまった」
と落ち込んだ顔で言ってきました。
説得はしたものの、
「もう無理だ。
心が折れた」

と言って聞きませんでした。

「ここに投稿していたんだけど、ぜんぜん反応がない。
俺はプロにはなれない」

と言って見せてもらったサイトは、
2ちゃんねるの修羅場や鬼女や気団などで、
「実話っぽい創作話を書いてもコメントをもらえず、まとめサイトにも載らない」
と嘆いていた。

せめてなろうに行けよ。



IT'S A NAREN THING YOU WOULDN'T UNDERSTAND: Lined Notebook / Journal Gift, 120 Pages, 6x9, Soft Cover, Matte Finish