498: 名無しさん@おーぷん 20/03/08(日)22:32:00 ID:D9.2m.L1
私は齢四十を超えても結婚する気が無い。
幸いにも親族に恵まれてるので、せっせと老後の資金を貯めつつ田舎でオタク趣味を楽しんでいる。

そこに
『女なんだから結婚したくてたまらないはずだ』
と入り込んで来ようとする人間の神経がわからない。

趣味で知り合ったシングルファーザーをやっているという男性は
「趣味に理解がある女性と再婚したい」
とアプローチしてきた。
しかしその『趣味に理解がある』の言葉の意味は、
『自分が気持ちよくオタク活動できるように家庭を維持してほしい』
ということだった。
「趣味にどれだけお金を使っても赤字を出さないように家計を維持してくれ」
「オタク趣味なら子供と打ち解けるのも早いだろうから子供を任せたい」
「面倒な親戚づきあいも任せたい、そういうのは女性の方が上手いだろう」
「役目をきっちりと果してくれるなら君も好きなだけ趣味を楽しんでいいよ、僕は趣味に偏見はない」
これで
『お互いにwin-winの関係だ』
とそいつは本気で思っていたようで、
私が断った時は驚いた顔をしていた。
「結婚出来るんだよ!?子供を育てられるんだよ!?何なら君の子供も産ませてあげるから」
とか、
正直なんの罰ゲームかと。




そして最近、実家近所の高齢の独身男性を抱えた老夫婦からうちの両親へ、

とのアプローチが始まったらしい。
「いつまで息子の世話を出来るかわからない、このご時世だししっかりとした嫁に来てもらいたい」
「(私)の料理を寄り合いの宴会で食べたことがあるが、これなら家事を任せてもいいと思った」
「身一つで嫁いできてくれて構わない、うちは家族で歓迎する」
「行き遅れた娘なんてさっさと嫁に出したいでしょう?花嫁姿を見たいでしょう?」
というのがその老夫婦の言い分。
両親から上記の言葉とともに
「一応確認するけど、結婚したい?」
と言われたときは眩暈がした。

女だから結婚出来れば嬉しいはず・喜んで尽くしてくれるはずって、そんなわけないし。
本当にどんな神経してるんだかわからない。


499: 名無しさん@おーぷん 20/03/08(日)22:36:03 ID:6r.od.L11
>>498
家政婦紹介所の電話番号を教えてやれ

501: 名無しさん@おーぷん 20/03/08(日)23:53:13 ID:Jn.ng.L2
最初のシングルファーザーの発言といい、後者の老夫婦の発言といい、
そんな地雷と結婚したい女性はいない
シングルファーザーの言い分には他人事ながら白目向きそうになったわ

502: 名無しさん@おーぷん 20/03/08(日)23:58:36 ID:6g.ay.L1
>>498
私も一生独身のつもりでいた。
親も周りもそう思い、見合いの話もなくなってのんびりしていた。
たまたま縁があって同じ趣味の人と結婚したが、舅・姑も嫁は来ないとあきらめていたので、出来の悪い嫁だがいびりもない。
義両親は『嫁をもらったら趣味が減ってくれる』と思っていたらしいが、私も同じようなものを持ち込んで一緒にやっているのを見てがっかりしている。
結婚しなくても趣味は自分でやれるし(一緒にやって楽な事もあるが)、家事は一人の方が楽、でもまあ楽しくやっている。

498さんに言いよる人達じゃ楽しくないですよね。
『女性が結婚を求めているはずだから喜んで嫁にくるはず』などと思う人はいらないな。
本当に趣味のあう、一緒にいて疲れない人でなければ不要です。

503: 名無しさん@おーぷん 20/03/09(月)00:10:52 ID:VR.lo.L1
>>498
同じ趣味で知り合ったからといって、生活の面倒を肩代わりさせる気の人じゃダメですよね。
うちは一緒に手伝ってくれたり、必要なものを作ってくれたりしているし、使いやすいように作ってくれる。
趣味も邪魔をしたりしない。
共通でない趣味もあるが、それを反対したりもしない。
『君も趣味を続けていいよ』ではなく『当然やるよね?』という感じ。

嫁いだ時にご近所に挨拶まわりをしたら、同じように独身の息子がいる奥様の反応が面白かった。
「まあ、お嫁さん? うちの息子も…」(え? あの人に嫁くるなら、うちだって来てもいいはず)
て感じがひしひしとした(かなーり変人)



×(ペケ)(1) (フラワーコミックス)