760: 名無しさん@おーぷん 20/03/09(月)02:12:35 ID:SJ.5s.L1
周りは耳触りの良いことしか言わないから、不安でただただ誰かに聞いてほしい。

私は平成の氷河期と言われる2011年卒。
何百社受けてもお祈りメールばかりで、軽度の鬱になりながらも就職先が見つからず。
結局、自営してるご近所さんの手伝いという形で色んな仕事をこなすフリーターになって10年。
結婚して、夫は
「そのままフリーターでもいいよ」
と言ってくれてたんだけど、その夫が職場で適応障害を起こして倒れた。
フリーターでも毎月20万稼げてたけど、夫が倒れたことでフリーターの福利厚生の無さのヤバさを実感。
社長から今更
「社員にするから」
と泣きつかれたけど、それを蹴り、今年2月からハロワで就職活動をした。

正社員歴なんて無かったのに、面接まで行った会社の2つ目で内定が出た。
そこは『筆記試験と面接二回』と書いてあって、筆記試験のときに性格テストもやらされた。
一回目の面接では基本的な質問+筆記試験の成績がとても良かったことを言われ、
「他にどんな会社に応募したのか」
等を聞かれた。
他にも色んな質問をされて、最後に
「就職したあとのイメージ像をどう描いてるのか」
とか、
「うちの仕事が本当にあなたのやりたい仕事なのか」
とか、何度も確認があり。
…みたいに面接があった日の翌日、採用の電話があった。
そのときに
「他の企業に応募されてるようですが、どのくらいでお返事いただけますか」
と聞かれ、他の企業は結果がわかるのが早くとも2週間後だったので、そのまま内定を受けることにした。
面接が二回と書いてあったのに一回目で採用が決まったことにも驚いたけど。

ハロワに内定貰ったことを知らせる電話をして、他の紹介状を頂いた企業を辞退する旨を伝えたら、ハロワから
「面接があった日の夕方に採用連絡来てますよ」
と言われ、再度驚いた。
(そんなに早く決めるほど人が少ないのか…?)
(もしかして、ブラックなのか…?)
そんな不安を周りに話したら
「違うでしょ、他に行かれたら困る人材だからさっさと採用決めて連絡したんでしょ」
と口々に言われた。

確かに、もし面接がもう一回あって更にそこから一週間ほど待たされて内定が出ていたとしたら、私は他の応募していた企業で内定もらえてそちらに行っていたかもしれない。
となると、私は期待されている?
しかし、新卒の時に採用されなかった実績から言って、私のポテンシャルは相当低い。
三ヶ月の試用期間で切られたらどうしよう。
そんな不安でグルグルしてる。

32歳、初めての正社員。
うまくやっていけるだろうか…。




761: 名無しさん@おーぷん 20/03/09(月)05:14:02 ID:Yt.kj.L4
>>760
大丈夫!
それにダメでも次いきゃいいだけよ!

762: 名無しさん@おーぷん 20/03/09(月)07:05:18 ID:EF.ow.L1
>>760
元気で礼儀正しく、嘘をつかずホウレンソウのできる人なら、スペックは二の次よ(失礼)


764: 名無しさん@おーぷん 20/03/09(月)07:32:01 ID:SJ.5s.L1
>>761
>>762
お二人共ありがとう。
2011年の頃、同じ学校の人で私が知るだけで自殺者3人も出るくらい就職難で私自身も病みかけたから、こんなあっさり決まって
(何か悪い夢でも見てるんじゃないか)
と思って震えてしまう。
(就職ってこんな簡単に終わってしまっていいのかしら…)
って。

新しい職場ではスーツ姿で歩き回ることもあるから、一昨日は奮発してオーダーメイドのパンプスを作ったし、今日は仕事用のスーツとシャツを購入してくるわ。
あと仕事が始まったら、様子を見て就活用のカバンから仕事に合うカバンに変えなきゃ。

とにかく頑張ろう。




964: 名無しさん@おーぷん 20/03/14(土)12:58:52 ID:iZ.pi.L1
>>760です
皆様その節は温かいお言葉をありがとうございました。

その後、着々と準備を進めてスーツも新しく2セット購入しました。
ブラウスも含めてトータル10万円。

準備を進める上で、いろいろ見えてくることがありました。

両兄弟と夫は、30過ぎにも関わらず初正社員になれた私のお祝をしてくれました。
義両親も友達も『おめでとう』と言ってくれて、調節してもらった卸たてのスーツを見て、お世辞だとしても褒めてくれました。

一方、お手伝いをしていた自営業の奥さんからは
「32歳のフリーターを二つ返事で雇ってくれるなんて、どんなブラックなのかしらね」
と言われました。
旦那さん(※編注:>>760で「社員にするから」と泣きついた社長?)からは、三ヶ月前から『辞める』と伝えていたのに、
「後任が見つからない、誰もあんたのやってた仕事を引き継げない。
他人が引き継げないような無茶苦茶な仕事をしてるヤツがまともな正社員になれるわけがない」

と言われました。
また、義兄嫁さんからも、
「自分が優秀だから雇われた、なんて自惚れないことね。
30過ぎまで正社員で働いたことのない社会不適合者が、正社員になれたからって社会適合者になれるわけがないんだから」

と釘を刺されました。
義兄嫁さんは私と同じ年ですが高卒で働かれている方で、前から私のことを『大卒のフリーター、奨学金の無駄遣い女』と言っており、私や夫とは馬が合わず、ずっと顔を合わせないようにしていました。

私のことを大切に思ってくれている人たちは、応援してくれている。
私と馬が合わない人や転職したら都合の悪い少数の人たちが、私の不安を煽るようなことを言ってくる。
それが分かって、不安よりもワクワク感の方が勝ってきました。
ここに書き込まなければ、まだ疑心暗鬼に取り憑かれていたかもしれません。
話を聞いてくださってありがとうございました。


965: 名無しさん@おーぷん 20/03/14(土)13:10:58 ID:jG.07.L7
その自営旦那は経営者?
『なら従業員の業務管理はアンタの仕事じゃん、仕事ができないのはアンタだよ
次が来ないのはアンタんとこがブラックだからだよ』

と代わりに言ってあげたい
それだけ無茶苦茶仕事振られてもやれてきたんだから、正社員いけるいける
新しい門出、がんばって下さい


967: 名無しさん@おーぷん 20/03/14(土)18:06:43 ID:iZ.pi.L1
>>965
私が経理的なことは全部、勉強しながら担当していました。
大企業なら研修もあるんでしょうが、私達のときは企業に新人を育成する体力がなく、新人は自分で勉強を積み重ねて即戦力を身につけるしかありませんでしたから、本当にしんどかったです。

旦那さんは、私と同じことを新人に求めたんだと思います。
私も働きながらずいぶん黒歴史に残るような失敗をやらかし、頭下げて、自尊心をこれでもかと砕かれながら働いてましたが、
売り手市場と言われてる現在なら他に仕事はいくらでもありますから、みんな当然、他に行くでしょうね。
私のときは本当に
(そこがだめなら行くとこがない、私にはここくらいしか価値を見出してくれない)
そんな強迫観念で働いてましたからね…。
改めて考えると異常な時代だったのだと思います。

私達より先代の氷河期はきっともっと異常だったんでしょうね。
日本の今の休めない企業体質やブラック企業は、氷河期世代に作り上げられたのではと感じるほどです。



ファイト!
アンダーフラワー
売り上げランキング: 984,401