(前のお話)

1000: やみやみ 20/03/30(月)00:53:49 ID:vP.5v.L1
以前、「職場の録十代代のおじさんから『げひひー』とセクハラ、距離感おかしくなり…」と書いた者なのですが。


一昨日、職場の上司に呼ばれ、
「おじさんから相談があった。
あなたがこの頃自分に冷たくて辛いとの事。
何か理由があるか?」

と聞かれ。
身体を触る事、距離感おかしい事、本人にそれを伝えたし、距離を置かせてくれと頼んだ事。
全て話した。




が、身体を触る事には驚いていたが、会話がおかしい話はいまいち上司に伝わらない。
以前話したような話を例に出しても、
「(おじさんも)貴方なら冗談が通じると思ったのよー」
と諭され、
私が冗談が通じない女のようになってた。

上司から
「もうセクハラはしないだろう。
あの人はあなたに冷たくされて異常に思い詰めてる。
これからは普通に話しかけてやってほしい」

と説得され、
なんか…真っ白になった。

いや待て。
被害者面で『(私)に虐められた』みたいな?
セクハラの件は伏せて上司にえーん(ノ_<)?
『優しくするよう取りなしてよー』
みたいな?

真っ白な中、
「泣きたいのも辞めたいのも私です…」
と言うのが精一杯で。
「それは困る!(汗)いやあなたは悪くないから!」
と焦る上司を後にしてふらふら業務に戻ったが。

いや、明日はもっとちゃんと言おう…反省。



お断りしますお断りしますお断りします!
お断りしますお断りしますお断りします!