216: 名無しさん@おーぷん 21/06/26(土)13:15:36 ID:Bn.fy.L1
疲れたときの浮腫と寝汗がヤバイ。
ヘトヘトになるまで体を動かしたりすると、体がブクブクに浮腫む。
どこからこの水分やってきたのかというくらい水風船のように体がパンパン。
その状態で寝ると、浮腫んだ分が全部汗として出てきたんじゃないかというくらい寝汗がひどい。
よくコップ1杯の汗をかくと言うけど、私の場合夜と朝の体重差が約1キロでペットボトル2本分の汗をかき、体が冷えて熟睡できず深夜や早朝に目が覚める。

昔から疲れる→寝汗→体冷える→風邪引くのコンボになるから、親から
「必ず目が覚めるほど寝汗のひどい朝は風呂に入れ。
無理ならせめてアトピーが悪化しないよう、シャワーで汗だけ流して冷えないようしっかり体を拭いて乾いた服に着替えろ」

と言われてきた。

2泊3日の修学旅行に行ったとき、小さな温泉宿が宿泊先で、宿泊者は温泉に朝5時半から入浴が可能だった。
その時も寝汗がひどく、朝の三時半にひどい頭痛と寒気で目覚め、自動空調のエアコンのせいで寒くて寒くて仕方なかった。
だから入浴可能時間まで耐えて、5時半に受付に行き事情を説明したら、『温泉使っても問題ない』と言ってもらい、すぐ入りに行った。
まだ誰も起きてなかったし、修学旅行で貸し切りだったから、温泉も誰も利用客はいなかった。
汗を流して体を温めて、寝汗で冷たくなった寝間着から外着に着替えて部屋に戻ったら、少しだけど頭痛はましになって寒気はなくなった。

同じ部屋の子たちは理解してくれたんだけど、
私が朝一温泉に行ったことを面白おかしく言った子がいて、それが教師の耳に入って私だけ2日目謹慎になった。
周りの子が
『部屋にシャワールームもないし利用時間を破ったわけでもないし宿もいいって言ったんだからいいじゃないか』
と言ってくれたけど、教師は
「ダメ」
の一点張り。
体調不良を訴えても、私だけウォークラリー約15キロを午前と午後に一周ずつ言いつけられた。




その夜も当然クタクタで、トータル30キロ近く歩いたり走ったりしてたせいで吐き気もひどく、食事も出来なかった。
教師に訴えたが
「朝風呂で風邪を引いたんだろ」
と言われた。
体はすごく疲れてたのに布団は寝汗が抜けきらずに湿っていた上、その日も寝汗が酷く、一晩中凍えていた。

私の様子が変なことに気づいた子が、5時頃に先生を叩き起こしてくれた。
ひどい頭痛と目眩、顔がパンパンに腫れて熱もあり、呼吸が浅く早く、病院が開院したらすぐ行くことになった。
ただ、かかった医者が信じられないほどヤブ医者で、肺炎になってたのに『咳がないから』と見逃されてた。
診察を受けたあとはチェックアウトの時間まで宿で寝るように言われたが、寒気が止まらず、
「温まりたい」
と言ったけど、初夏のせいで十分に体を温められるようなものは無かった。
寝てる間は保健室の人がついててくれて、
「体が冷えてこうなった」
と伝えたら、朝温泉行って怒られた子だと認識してたので、すごく同情された。
「女の子なんだから、風邪云々抜きにしても冷えは大敵なのに」
と、タオルをレンチンして持ってきてくれて、白湯をたくさん作ってくれた。
友達は予備の服を貸してくれて、『汗で湿った服から着替えるように』と言ってくれた。
病院につれて行きキンキンに冷えたポカリを渡すだけの教師よりよほど体が楽になったし救われたけど、汗と寒気は止まらなかった。

217: 名無しさん@おーぷん 21/06/26(土)13:15:47 ID:Bn.fy.L1
学校に戻るまではバス移動もあって、体調が悪いからすぐに酔って何度も吐いて水も飲めなかった。
バスも空調が効いてて、私は風邪のせいで脂汗かいてたけどもう着替えもなくて、バスの中で体調がさらに悪化した。

親には連絡がいってたようで、学校まで迎えに来てくれたが、その時、
「朝、勝手に温泉に入ったから風邪をひいた」
と教師が説明した。
私は
「しんどい中30キロのウォークラリーをさせられた」
ということを伝えて、同室の子たちが
「(私)が体調不良を訴えても、教師は取り合わずにウォークラリーに無理やり連れていった」
と証言した。

看護師の母はすぐ事情を察して、
「健康面の聞き取り調査の際、ホルモン剤の副作用で汗が酷くて朝方風邪引きやすいから、朝方寝汗がひどいときは体を温められるよう配慮してと言いましたよね?」
と教師につめより、事実確認をしていた。
母は部屋にシャワールームが無いことを確認して、
「(私)が朝、汗をきちんと流して体が冷えないよう対処してください」
と事前に伝えていたらしい…。
母に引き渡された私はひどい脱水で、そのまま母の務める病院に行ってレントゲンとられて入院した。血中酸素濃度が94%だったらしい。

その後、修学旅行の一週間後にあった定期試験も受けられず、受験生だったのにテストを受けられなかったことから、その期間の内申が1段階ずつ下がって全部4になっていた。
本来なら『事情がありテストが受けられないときはこれまでの成績を考慮して評価をつける』と言われたのに、お風呂の件で私を咎めた教師から
「テストを受けない場合評価は従来の6割しかつけられない」
と説明を受けた。
私はその時は知らなかったのだが、
母は修学旅行時の体罰と成績の件で教育委員会にまで話をつけに行っていたらしい…。

私はその年卒業したので知らなかったが、その翌年、中2になった妹から
「教育委員会が入り込んで授業の様子を観察してた。」
「お姉ちゃんを肺炎にした教師(学年主任&生活指導)と担任が病欠で休んでて、理科と数学が臨時の先生になってる」
「教育委員会とPTAの人たちがめっちゃ張り切って学校内の環境改善してる。
学校の雰囲気がすごく良くなったよ」

と教えてくれた。

(私の寝汗が原因でこんなことになるなんて)
と衝撃だった。
母の暗躍で妹がイジメられはしないかとハラハラしてたけど、
むしろ周りの親から感謝されてたし、私も高校で同じ中学出身の子から
「お母さん凄いね!」
と好印象を抱かれてるようでそっちも衝撃だった。
教育委員会が入ったことで部活強制・運動部超優遇・運動部じゃないと成績が無条件に下がる、といった悪しき風潮も改善されてなくなったらしい。



Kaizen Event Fieldbook