103: 名無しさん@おーぷん 21/07/18(日)13:02:45 ID:1S.md.L1
私が小学校5年の時、母親がうつ病になった。
原因は病弱だった私の看病疲れ。
元気になったのでポッキリ心が折れてしまったらしい。

で、風呂場で手首切ったり、腹切ろうとしたり、薬大量に飲んだりと大変だった。
普段も料理や家事ができなくなって、一日中暗い部屋の中で膝を抱えていた。
久々に作った焼きそばを自分の分、うっかり床にぶちまけてしまった母が、埃だらけの焼きそばを泣きながらかき集めて
「私のは食べられるから!」
って言ってたのが本当に辛かった。

そんな母を見ていたら、なかなか学校には通えなくなっていた。
中学から薬の副作用で夜9時になると奇声を上げて家を飛び出すから、そんな母を日中一人で放っておくことが怖く、ほぼ不登校。




父は母のことが大好きで、いつも病院に付き添ったり、薬を飲みすぎないよう管理したり、弁当を買って帰ってきてくれたけど、
母を入院させなかった。
父は
「自分が面倒を見る」
と入院を勧める主治医に言ってたけど、結局、日中は仕事なんだから私が見るほかない。
放っておくと食事も水分も摂らず、空調もつけず、刃物を探し始めたりするのだから。
寝込んでいる母は当然、父も『学校に行け』とは言わなかった。

母はその後、少しは安定したけど、今度は精神的に不安定になって激情することが増え、父に対して
「あれやこれが我慢できん!」
「離婚しないとご先祖さまに祟られる」
と離婚。
母は “娘であり友達であり恋人であり母親” を私に求め始め、執着するようになった。
私も死なれると怖いし、発狂して物投げられても嫌だから笑顔で従っていた。
というか、それしかなかった。
その後は離婚・再婚・引っ越しが繰り返され、経済的にも家庭環境的にも私は高校に行かず、私は私の子供時代を知っている人と年の差婚した。

最近、ヤングケアラーという言葉を知った。
私もあの当時、周りの大人に『助けてほしい』と思って声をかけても
「辛いね。
でもあなたはしっかりしてるからお母さんも安心だね」

と言われるばかり。
母に
「母親なんだからしっかりしなきゃ」
と言ってくれる人もいたけど、病気の母にはまともな判断能力はない。
不思議なことに夫以外、ほとんどの人が
“お母さんと仲のいい娘”
として私たちを認識していた。
年頃の娘が四六時中母親のそばをついて回ることを『なんか訳あり』とは思わなかったようだ。
行政も
「病気の母親から父親に親権を移すしかできない」
といった感じで、私が一緒に暮らさなくなった後の母のケアは当然ながら難しい。
親戚も母とは疎遠を貫いていて
(私だけが母を守るしかない)
と思っていた。

あの頃、ヤングケアラーに対する理解があったら、というよりも、
(父がもし母を入院させていたら、私も学業に戻り、母も今より病状が安定していたのかも)
と思う。
今ほどひどくはなかっただろう。

父の神経が、いまだによくわからない。



Dousite
Dousite