631: 名無しさん@おーぷん 21/08/16(月)12:24:46 ID:Xj.qp.L1
高校時代、同じ部活の子に真似子がいた。

真似されてたのは1つ上の先輩で、美人でスタイルがよくて垢ぬけてる人。
みんなの憧れだったけど、
真似子のはケタが違ってた。
髪型から持ち物からなにから全部真似て、
「私、先輩と双子みたいって言われるんだぁ~(※誰も言ってない)
なんでかなぁ?」

などと自分からアピールするウザい子だった。




先輩も当然、真似されてることに気づいてて避けてたけど、真似子は先輩の家のまわりを徘徊して
「先輩のお母さんも私に似てた」
「先輩のお兄さんと最近よく会うんだよね~運命かな」
と言うなど、ちょっと病的だった。
でも先輩が卒業し、県外に進学してからはそれもおさまって、真似子は地味な子になった。

その後7~8年して、噂で聞いたのが以下。
「先輩のお舅さんは奥さんに先立たれ10年近く一人だったのが、
『再婚する』
と言いだし、連れてきたのが真似子だった」
という噂。
「先輩は
『再婚に反対はしないが、私は親戚づき合いしない』
ときっぱりお舅さんと旦那に宣言した」
という。

その噂を聞いた時は
(いくらなんでもそれはないでしょー。
デマだよ)

と思ったんだが、更に3年ほどして先輩が離婚して地元に帰ってきて、本人の口から
「事実だ」
と聞いた時が衝撃だった。

先輩の嫁ぎ先は真似子にのっとられた?みたいになってしまったようだ。
先輩は
「味方が誰もいなくなったから離婚した」
と言ってた。
「真似子がのっとって満足してる今の内に、誰も知らないとこに逃げる。
行き先言えないけどごめんね」

って言われて、
「そんなのいいです。
とにかく元気でいて下さい。
逃げきって下さい」

としか言えなかった。

真似子の実家もいつの間にか引っ越して家ごとなくなっていて、なんかすごく怖かった。



INVADED