839: 名無しさん@おーぷん 21/09/02(木)23:11:59 ID:zg.wb.L1
俺の姉は、好きなものを『好き』って表現するのに遠慮や抵抗がない人。
外からパッと見える見た目のところは分別ある大人の女性の装いだけど、小さなアクセや持ち物は大好きなポケモンで溢れてた。
職場でも同じみたいで、会社で支給されるもの以外は基本ポケモン。
学生の頃からそうだったけど、姉は “そういう人” としてのキャラを確立してるので、誰も何も言わないし、むしろ会社のポケモン好きの人から新グッズの情報についてとか、
「子供がポケモン好きなんだけど」
と相談受けたりするらしい。

そんな姉のキャラが災いして職場で嫌がらせにあって警察沙汰になった。




嫌がらせ内容もセコくて、姉が職場においてる私物に『死ね』とか『殺す』とかびっしり書いて、確実に姉が目にする場所に置いとくというもの。
姉が証拠として持って帰ったものを見ると、ポケモンの筆箱・クリアファイル3種・下敷き・リングノート数冊・エコバッグ3つ・巾着・パソコンケース・充電器・予備用マスク・ブランケット・スリッパ・マグカップなど、他にも色々あった。
全部姉が自腹で購入したポケモングッズで、トータルすると数万した。

会社は『一時的なものだろう』と警察沙汰にはしなかった。
だけど結局この嫌がらせは数カ月続いたのと、内容が結構具体的な殺害予告だったため、姉が個人で警察に行った。
アドバイスをうけて、多分5回目の嫌がらせのときに証拠を押さえて犯人を特定した。

録音しながら犯人に話を聞いたんだけど、嫌がらせの理由は見苦しい嫉妬だった。
犯人は韓流アイドル好きだったんだけど、
姉を見て
「趣味全開でもいい職場なんだ」
と思って趣味全開にしたら、周りから引かれたらしい。
注意されたりとかはなかったけど、
人間関係構築に失敗してボッチになってしまい、姉を逆恨みしたらしい。

犯人は姉の後輩にあたるから知らないんだろうけど、姉は研修期間が終わって仕事を一通り覚えるまでは趣味のもの一切持ち込まなかったし、ポケモングッズを持ち込み始めたのも職場で人間関係と信頼関係を築いてからだった。
要は『この人はちゃんと仕事やる常識ある人だ』と認識されてるから、仕事道具を趣味全開にしても周りは何も言わなかった。
実際、客先へ行くときは外行き用のカバンと筆記用具でいってるみたいだし。
だから研修期間もあけてないのに仕事場を学校と間違ってるんじゃないかと思われるような行動をとった犯人とは全く異なるんだけど、犯人はそれを理解できなかったようだ。

その後、犯人は自主退職になった。

話し合いの音声を持ってずっと相談にのってもらってた警察官に話したところ、
「こういう犯人は自分が間違ってたことを理解できないから自分が悪いとは微塵も思ってない、しばらく気をつけたほうがいい」
と言われて、俺が暫く姉の送り迎えをすることになった。

最初は大袈裟だと思ったけど、
実際に一度犯人が待ち伏せしてたことがあった。
男の俺でも怖かった。
もうあそこまでいくと精神的な病気だと思う。



きみじゃないと駄目だった