38: sage 21/09/15(水)13:57:36 ID:hJ.nt.L1
>>12(※編注:こちらのお話)を読んで隙自でなんだけど、わたしもオタクがらみの高校時代の同級生の愚痴。


高校で同じクラスになって最初はなかよくしてたオタク友達のAに、ネチネチとバカにされるようになった。
私はイラストを描くのが趣味で、Aは小説を書くのが趣味。
Aは
「私が書いてる小説はあんたの作品と違ってもっと高尚なもの」
「今書いてるこの小説で賞をとって、プロの作家になる」
と言ってた。
情けないけど、ケンカになるのが嫌で気の強いAに言いかえせず、クラスにいるのがつらくて、他のクラスの派手目な友人グループと一緒にいるようになった。
Aは派手な子達は苦手みたいで、あまり近寄ってこなくなったけど、あいかわらず嫌な半笑いの顏で
「ふーん」
って小馬鹿にしてきた。

ただ、A自身は嫌なヤツだったけど、
いつかAの小説が完成して発表されたその作品を読むのを、私は楽しみにしてた。
(Aは私には小説を見せてくれなかったので。)
(あれだけ自信満々なんだから、どれだけすごい話なのか)
と。
でも在学中にはけっきょく小説は完成しなかった。




卒業してちょうど10年ぐらいたった時、たまたま駅前でAと共通の友人Bに会い、
「Aはあの小説を2~3年前に書くのをやめた」
と聞いた。
10年ほどもかけた小説が陽の目をみることなく消えたのを、私が
「もったいないね、せめてピク○ブとか何かに載せれば良かったのに」
と惜しむと、
Bは怪訝そうな変な顔した。

(ん?)
っと思って、Bに
「Aの小説ってどういう話だったの?」
ときいてみると、困り顔のBが言うには
「Aの小説はAの前世の話で、Aは前世では “世界を滅ぼす恐ろしい敵” と戦う超能力者だった」
んだそうだ。
この時点で
(え、ええ?)
だったけど、
(まあ書きはじめたとき高校生だったしなあ)
と。

で、同じ超能力者の仲間と力をあわせて敵を倒したそうな。
でも、具体的にどんな超能力だったのかとか、どうやって敵を倒したのか、そもそも敵もどうやって世界を滅ぼそうとしてたのかとか、メインのストーリーが書かれていない。
ほとんどキャラ同士の会話がつづいて、
前世では王族だったAが民衆に慕われてて…。
中性的な美人だったAが異性にも同性にもモテモテで…。
でもそれをふりきって友情をつらぬいて…。
仲間も敵もいろんなタイプの美形で…。
Aをとりあいみたいになっちゃって…。
って、
「要するに『Aすごい』って話してるっていう内容だった」
と。
(あー確かに、昔チラッとノートが見えた時、『やたらと「」が多いな?』って思ったよなー)
って私も思いだした。

十代だったら “黒歴史” でわかるんだけど、
まさか二十代の途中まで、10年もずっとそんなの書きつづけてたのか…。
Bがいうには
「Aにもいろいろ複雑な事情があった」
らしいんだけど、うーん…。


41: 名無しさん@おーぷん 21/09/15(水)17:11:42 ID:JC.ok.L5
>>38
絵に書いたような立派な黒歴史小説?じゃないですかwww
流石に途中で目が覚めたんだろうなw
これを、もし自分が書いていて誰かに読まれたら布団に潜って間違いなく悶えタヒにするw

42: 名無しさん@おーぷん 21/09/15(水)17:13:57 ID:vJ.xa.L1
>>38
やめてくれ、その話は俺には利く
やめてくれ



転生悪女の黒歴史 (全6巻)
転生悪女の黒歴史 (全6巻)