72: 名無しさん@おーぷん 21/09/18(土)03:23:35 ID:I8.4n.L1
従兄弟は博士課程を修了後、現在に至るまで引きこもっている。

何度か、大学院で学んだ内容とは無関係な職にはありつけたものの長続きはせず。
仕事が続いた期間も、叔母の情報が正しければ最長二ヶ月。
最短午前中。
伯母が言うには
「もう一年は働いていない」




従兄弟は昔っから雑学を披露して
「○○ちゃんはこういうの知らないよね?」
とニヤニヤ言ってくるキモい奴だった。
今は中学生みたいな表情で顔立ちはおっさんという、人面犬を見た時のような嫌悪感を感じる顔になっている。
服はいつ見ても灰色一色。

半年前、従兄弟が駅で倒れて駅員さんに保護された。
「駅構内を歩いていたら息切れがして立ち眩みを起こした」
らしい。
叔母が所用で遠方にいたため、父が迎えに行った。
あやうく線路に落ちるところだったらしい。

父と叔父叔母が心配している中、母は表向きは心配していたものの、後で
「いい歳した男なんだから追い出せばいいんだよ。
そしたら必死になんとかするでしょ。
死にはしないよ」
と私にだけ溢した。
私も同意見。
従兄弟は何年か前、ぶつかりおじさんが社会問題になり始めた頃に
「女が筋力なくてフラフラしてるのが悪い」
と言っていた。
歩いてるだけでフラフラするほど体力筋力ないのはお前ぐらいだよ。

叔母も叔母で、小さい頃
「私、妹だからさあ。
甘え上手だからね」

とか訳分からないこと言ってきたキモい人だし、別に父のこと嫌いじゃないし嫌なことされた記憶もないけど、
叔母一家の世話を焼くのだけはやめてほしい。



いま、死んでもいいように 執着を手放す36の智慧
いま、死んでもいいように
執着を手放す36の智慧