【オススメ】相互ブログ Headline  【オススメ】アンテナ Headline

アンテナHeadline


今までにあった修羅場スレ

【(´・ω・`)】誰の目から見ても明らかに俺に怯えていた。



581: 名無しさん@おーぷん 19/11/25(月)18:44:38 ID:X0V
中学生時代、俺はとんでもないブサイクで、当時クラスで流行ってたハンターハンターという漫画の登場人物から取られた “センリツ” や “陰獣” というあだ名でクラスのみんなにからかわれていた。

(※編注:
senritsu
↑センリツ:初回登場時

mimizu
↑陰獣(の蚯蚓):初回登場時)

続きを読む

【拗】立派なストーカーになってた。



237: 名無しさん@おーぷん 19/06/17(月)10:52:04 ID:HP1
他の人から見れば大したことないかもしれないけど、
妹にストーカーされたのが個人的な修羅場。

仕事帰りに車がゆっくり追いかけてきたり。
夜中にチャイム鳴らしてきたり。
「会いたいです」しか書いてない手紙が投函されたり。
そんな小さな出来事が2週間くらい続いて、警察に相談もした。

続きを読む

【DVあるある】おろおろ泣きそうになって、ボロボロ涙をこぼし始めた。



96: 名無しさん@おーぷん 19/05/15(水)18:29:32 ID:ykP
間抜けな修羅場。

当時はまだ結婚してなかった旦那が腹筋を日課にしてたんだけど、いつも私は膝の上に重りとして座っていた。
その日はいつも以上の数を挑戦していた。
なので最後に起き上ったときにチューしてあげようとした。
そしたら旦那が最後の力を振り絞って思いっきり起き上ったものだから、旦那の肘が人中って言うの?私の鼻の下の部分におもいっきり入った。

続きを読む

【勘】「というわけで今度、結婚式をあげるので、連絡先とご住所を教えてください。」



927: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)22:55:59 ID:Ikz
長い昔話になります。

学校の先生になって、新卒2年目のとき。
担任してたのは低学年。
うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
懇談の最中、何かの流れで、
「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
と突然聞かれた。
突然すぎて
(なんのこっちゃ)
な私。

「何の時期ですか?」
「式の時期ですよ。
あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
「式??」
「結婚式です」
「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
「はい、本当にありがとうございます」
「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。
お父様とA君のご都合を優先させてください」

「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
「…?A君、転校とかされるんですか?」
「いえ、転校はしません」
「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
「は…?え?ドレス??」
「やはり冬休みがいいでしょうかね。
先生も少しはお休みできますよね?」


ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
(いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろう)
と思い直して、断ることに。
そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

「何をおっしゃるんです。
主役が不在では、式にならないじゃないですか」

いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
Aパパと私の結婚式の話をしていた。

当たり前だがAパパとは、“息子の担任”以外の関わりはない。
(そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?)
とか、
(この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?)
とか、ちょっと何言ってるか分かんないです状態。

「会場は」どうのとか、「親族が」なんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
うろたえる私に、
「驚かせてすみません」
と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。

(仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたら)
と泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
「そろそろ私の番なんですけど~」
との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
「では、また日を改めて話し合いましょうね」
と笑顔で去っていった。
あまりに普通すぎて怖かった。

続きを読む

【ドンっ】優しそうなおじさん



509: 名無しさん@おーぷん 2018/05/15(火)19:41:54 ID:grS
社会人2年目の時、
(習い事でもしよっかなー)
と思って市の『何々教室』というのに見学に行った。
説明してくれたのは四十代後半くらいの優しそうなおじさん。
とてもていねいに対応してくれたし、内容もよさそうだったから入会を決めた。

次の週末にはじめて出席したら、挨拶する前にワーっと人が寄ってきた。

続きを読む

【崩】これは勉強会どころではない



421: 名無しさん@おーぷん 2017/07/17(月)10:40:10 ID:w3A
中3の頃、親友と思っていたAといつの間にか付き合ってることになっていた。

軽くスペック
俺:男、美術部。160くらい、中肉。
A:男、柔道部。170くらい、細い。

いつも通り遊んでいたある日、Aから真剣な表情で
「恋人なのになんでそんな距離があるんだ」
と言われ、軽くパニック状態に。
驚きつつも
「付き合ってる覚えはない」
と言うと、Aはショックを受けている様子に。

色々疑問が出たので、Aに事情を聞くと
「昔からの親友だが、優しいし格好いいなと思って最近、好きになっていた」
「告白は1週間ほど前にした、覚えてない?」
「嫌なことはしたくないし性的なことをするよりただ、傍にいてほしい」
「と言うか彼女いないし、付き合わない?」

と色々教えてくれた。

告白に関してはA曰く、通学路で一緒に歩いている時に
A「付き合ってほしい」
俺「いいよ、何処行く?」
みたいな告白の流れだったと言われた。
当時は普段からよく遊ぶから遊びの誘いだと思ってOKしてしまっていた。

そのため誤解を招いた所はまるっと謝罪して、改めて付き合えない事・恋人にはなれない事を言うと
「分かった」
と大人しく引いてくれた。
その日は。

続きを読む

【被】「粘着されてる。怖い。外堀埋めてきた怖い」



738: 名無しさん@おーぷん 2017/04/18(火)11:41:30 ID:se5
財布を買い換えたら、たまたま同時期に買い換えた同僚Aさん(三十代男性、2年先輩)とかぶってしまった。
よくあるブランドのよくある革の長財布。
色は茶色。男女兼用のデザインのやつ。

そうしたら
“私(二十代喪女)がAさんを好きで、わざとお揃いを買った”
のだと誤解されてしまった。

財布購入後、私はAさんにあからさまに避けられるようになった。
挨拶も無視された。
すれ違いざま小さい舌打ちをされる時もあった。
この時点で財布の件は知らなかったので、
(仕事でミスって怒らせてしまっただろうか)
と私は思っていた。

続きを読む

【“変”】「女性が1人でこんな店にいると変に思われるから」



610: 名無しさん@おーぷん 2016/07/25(月)22:28:36 ID:Iuw
昨日出掛けた先で早めの昼食にとラーメン屋さんに入った。
開店直後の時間だったからか、カウンターの一番奥に男性が1人座っているだけ。
「好きな席にどうぞ」
と言われて、8人くらい座れるカウンターの反対側の端に座った。

注文してからスマホ弄ってたらまた客が入ってきて、私のすぐ隣に座った。
驚いて横目で見ると二十代後半~三十代前半くらいの男性。
席には余裕があって混雑する気配もまだなく、隣同士に座る必要なんてどこにもない。
しかも大きなバッグを持っていてそれを反対側の椅子の上に置いていた。

続きを読む

【勘】「確証はないけどあの子も…」



148: 名無しさん@おーぷん 2016/06/07(火)10:00:54 ID:Vh4
好意も無い、肉体関係も無い、2人でご飯に行った事すら無い。
なのに上司が
「(私)さんの事が好きだ…確証はないけどあの子も俺を好いてくれてると思う。」
って思い込んで奥さんに離婚を申し込んでるらしい。
その事で奥さんの弁護士とか言う人に話し聞かれたりして驚いた。

ふざけんなよ…。
不倫でもなんでもないのに周りからそういう目で見られるだろうが…。



暴走モード突入ステッカー 防水・車ステッカー 転写シート付 エヴァ風 赤



【(/ω・\)】あれ、なんで何も言わないの?



110: 名無しさん@おーぷん 2016/03/14(月)18:31:57 ID:bGD
うちの両親は私が小学生の時離婚した。
離婚したがったのは父で、理由は浮気相手と再婚したかったから。
でも結局浮気相手に寸前で逃げられたとかで、その人とは再婚しなかった。

私には当時高校生の兄がいて、兄は父のもとに残った。
「『父が独りになるとかわいそうだから』と言って残った、お兄ちゃんは優しい子だから」
と母は言っていた。
歳が離れていたので、私は離婚前から兄とは親しくなく、親が離婚して離れてからは憧れのようなものをずっと兄に持っていた。

二十数年が経ち、母が病死した。
母は再婚しなかったが、父は別の女性と再婚したと祖母から聞いていた。
でも一応知らせるだけ知らせておこうと、祖母経由で父と兄に伝えてもらった。
同じく祖母経由でお悔やみの言葉が来ただけで、父も兄も葬儀には来なかった。
(もう他人だから仕方ないか)
と特に悪感情は持たなかった。

続きを読む



楽天各種キャンペーン

スポンサードリンク
follow us in feedly

告知
スポンサードリンク

■ロミオメールまとめ
■本当にやった復讐まとめ
■農家の暗部まとめ
Rakuten