【オススメ】相互ブログ Headline  【オススメ】アンテナ Headline

アンテナHeadline


きっと今もどこかで…

【Distance】普通、仲良くない子と『一緒に卒業旅行いきたい』って言うか?



746: 名無しさん@おーぷん 20/07/27(月)19:22:56 ID:8j.zb.L1
高校生の頃、友達4人で卒業旅行に行く計画立てていたら、クラスで浮いているA子が聞き耳を立ててて、
「私も卒業旅行に行きたい!」
「私も行く!」
「私がみんなの分のお金を払うから!」
と喚きだした。

続きを読む

【脳内】私含め比較的若い女性社員は、そのおっさんのことが大好き



443: 名無しさん@おーぷん 20/07/16(木)18:47:39 ID:nn.xe.L1
ナルシスト?なおっさんの神経がわからない。

そのおっさん、会社のパソコンでモテてモテてモテ過ぎて困るって内容の小説だか日記だかを書いていたらしい。
登場人物は全て実在する人で、主人公はそのおっさん。
私含め比較的若い女性社員は、そのおっさんのことが大好きな設定。

特に私はいわゆる悪役ポジションらしく、隠れてより若くて可愛い女性をイジメまくりとか、目上の人には媚び倒していて下の手柄は自分の手柄&自分のミスは可愛い女性のミスってことにしているとか、その上でヤンデレだかメンヘラだかって設定までつけられてたらしい。

で、おっさんが他のものと間違えて?上司に送ってしまったらしい。

続きを読む

【(^q^)?】「僕、ずっと敬語でしか接してないですよ?」


【勘違い男による被害体験報告スレッド】 より
http://bbs.doorblog.jp/archives/2428083.html

145. 事務員① 2020年05月17日 00:26 ID:SYqUqdun0
今日更新された記事で、少し前に少し大きめのミスをやらかして飛んだ元同僚を思い出した。


元同僚は私より3〜4歳下で、派遣から正社員になった人。
だけどエクセルの使い方もよく分からないで周りに聞きまくってるくらい機械音痴なのに、
「右クリックでセルの数式をコピペするときは、間違えて削除選ばないように気を付けないと駄目だよ!」(原文ママ)
とドヤ顔でアドバイスして来るバカ。 
こっちが
「コピペはショートカットキー使うからお構いなく」
と断っても、
「でも僕はショートカットキーとかややこしくて使わないから言っておきたいんだよ」
と理解できない返しをして来るから気持ち悪かった。

続きを読む

【(((;゚Д゚)))】「こんなに時あの人がいたら、きっともっと…」



989: 名無しさん@おーぷん 20/04/28(火)11:41:34 ID:bwp
義妹夫妻は二年前に離婚してる。

元義妹夫は一見おっとりした優しそうな人だったけど、周囲の人をいがみ合わせるのがとても巧い人だった。
Aさんには
「Bさんがあなたを悪く言ってたよ」
と言い、Bさんには
「Aさんがあなたのデマを広めてた。もちろん信じなかったよ、ひどいよね」
と言うような人。
幸いわが家は、夫が元義妹夫の苦手なタイプだったみたいで元義妹夫のターゲットから外れたけど。
(夫は超天然で、『悪く言ってたよ』と言われて悶々とするのではなく、本人にすぐ直行し『悪く言ってたの?』と確かめてしまう。)
でも気がついたら義実家周囲の人間関係がめちゃくちゃになっていて、特に義妹と義父母が
『元義妹夫以外の人間は誰も信じられない。血縁ですらも敵』
という状態になっていてギスギスなんてもんじゃなかった。

続きを読む

【●】今でもあんな調子なんだろうか…。



630: 名無しさん@おーぷん 20/04/25(土)16:53:08 ID:eD.td.L1
大変なときにくだらない話題ごめんなさい。

高校の頃、漫画好き同士で漫研もどきみたいなグループを作ってた。
その中にA子という女子がいた。
A子は、別にゲイものでも何でもない普通の漫画に出てくる男キャラ同士がキスしたとか、そういうことをキャーキャー言ってた。
当時はわからなかったけど、
要するに腐ってたんだろう。
自称『霊感持ち』で、しょっちゅう
「見える見えるあそこにいる」
とわめいてた。

続きを読む

【( ・´ー・`)】「してあげようかと思ったんですけどね(ニヤリ)」



395: 名無しさん@おーぷん 20/01/30(木)17:52:20 ID:5g.zp.L1
再就職した時、変な契約社員(A)に粘着された。

当時、私は30代半ば正社員。
Aは前の年に入ってた契約社員、20代前半男。

雇用形態が違うので当然する仕事も違うし、関わるとしたら私たちの補助的な仕事をする立場のA。
席は隣だった。
何故か自分をイケメンと思い込んでるようで(現実は背が低くてぽっちゃり体型)、態度はかなり大きくて自信満々だった。

私は正社員の人に仕事を教わってたんだが、ちょいちょいAが割りこんでくる。
書類の置き方がどーだ、電話がどーだこーだ。
当たり前のことを何度も言ってくるので
(ん?)
と思ってたけど、慣れない私に気を使ってくれてると思ってハイハイ聞いていた。

それがいけなかったのかわからないけど、段々エスカレートしていった。

私が書類を誰かの机に置きにいったら、それを見に行って斜めになってたら正すみたいなことされたり(無駄すぎる)。
私が何か始めようとすると腕を組んでしばらく後ろで見てたり(監督?)。
私が電話中、子機で会話を聞いてたり。
子機が上がるとわかるからAを見るとニヤッとしてて気持ち悪かった。

続きを読む

【(゚д゚)】大学にキモい人がいた。



361: 名無しさん@おーぷん 20/01/26(日)12:00:34 ID:TI.25.L1
大学にAさんというキモい人がいた。

・社会人学生で入学時42歳だったが、現役入学の女子グループに入りたがる。
飲み会とかは誘われてもいないのに絶対に来る。
女子だけの宅飲みにもやってきて追い返されたこともある。

・年齢は
「30歳」
といっていたが、明らかに老けてた。
『デリカシーがない』と嫌われている教授が、本人の前で悪気なしに
「え?42歳でしょ?昭和○○年って書いてあって僕の一番下の妹と一緒だったから覚えてるよ」
とぽかんとした顔で指摘したので知った。
否定しようとしていたが、
「いや、だって僕の妹が42歳だから…あ、ごめん、みんなよりだいぶ上だから隠してたの?」
と本人が認めるまで教授が真面目な顔でまくしたてた。

続きを読む

【Road】「君にきめた!」



684: 名無しさん@おーぷん 19/07/22(月)17:32:43 ID:kL.yz.L10
子供の頃からよく道を聞かれる。

老若男女日本人外国人問わず月に数回は呼び止められる。
旅行先で明らかに旅行者って格好してても聞かれる。
自転車に乗ってる時にもよく呼び止められるけど、自転車漕いでる私を走って追いかけてきて、
「お姉さーーーん、◯◯駅ってどこーーー?」
と聞いてきた酔っ払った大学生(推定)には少しびっくりしてしまった。

昔からデブなんだけど、太ってる方が安心感あるんだろうか。
あと実際に道を覚えるのは得意なので旅先以外は大抵案内できる。
そういうのも雰囲気でわかるものなんだろうか。
自分は道がわからなくて尋ねるという経験がないので、あまりわからない。

今の旦那と2人で歩いてる時もよく道を聞かれるから、旦那がびっくりしてたのが面白かった。
「こんなに道聞かれるものなの?」
と。
むしろ私は旦那といる方が道を聞かれる頻度がかなり下がるのにね。

旦那は
「人生で数回しか道を聞かれたことがない」
らしい。
「(私)と付き合い始めてから2人で声をかけられた回数の方が、今まで生きてきて一人で道尋ねられた回数より多い」
と言っていた。
確かに男性より女性の方が道を尋ねる相手に選ぶ傾向は強いと思うけど、『人生で両手ほどしか道を聞かれたことがない』という旦那に驚いた。
男の人はそんなものなのかな。

続きを読む

【ブツブツ】「高価な物ですよ、よかったですね、いつ渡したらいいですか」



182: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/04(土)19:16:48 ID:cLg.ej.xs
さっき妹からヘルプが入ったから出掛けてきた。
「商業施設の中にある店で見知らぬ男に声をかけられ、断っても断ってもついて来る。
どうしてもしつこいから女子トイレに逃げ込んだ。
帰りたいけどまだ外にいるかも知れないから迎えに来て」

と。

トイレの前まで迎えに行って妹と一緒に出て来たら、
例の男がトイレの通路を出て曲がった所にある本屋に本当にいてビビった。
本を見てるんじゃなくて、本屋の柱を背にトイレに向かう通路を見てんの。

続きを読む

【勘】「というわけで今度、結婚式をあげるので、連絡先とご住所を教えてください。」



927: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)22:55:59 ID:Ikz
長い昔話になります。

学校の先生になって、新卒2年目のとき。
担任してたのは低学年。
うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
懇談の最中、何かの流れで、
「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
と突然聞かれた。
突然すぎて
(なんのこっちゃ)
な私。

「何の時期ですか?」
「式の時期ですよ。
あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
「式??」
「結婚式です」
「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
「はい、本当にありがとうございます」
「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。
お父様とA君のご都合を優先させてください」

「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
「…?A君、転校とかされるんですか?」
「いえ、転校はしません」
「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
「は…?え?ドレス??」
「やはり冬休みがいいでしょうかね。
先生も少しはお休みできますよね?」


ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
(いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろう)
と思い直して、断ることに。
そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

「何をおっしゃるんです。
主役が不在では、式にならないじゃないですか」

いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
Aパパと私の結婚式の話をしていた。

当たり前だがAパパとは、“息子の担任”以外の関わりはない。
(そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?)
とか、
(この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?)
とか、ちょっと何言ってるか分かんないです状態。

「会場は」どうのとか、「親族が」なんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
うろたえる私に、
「驚かせてすみません」
と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。

(仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたら)
と泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
「そろそろ私の番なんですけど~」
との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
「では、また日を改めて話し合いましょうね」
と笑顔で去っていった。
あまりに普通すぎて怖かった。

続きを読む



楽天各種キャンペーン

スポンサードリンク
follow us in feedly

告知
スポンサードリンク

■ロミオメールまとめ
■本当にやった復讐まとめ
■農家の暗部まとめ
Rakuten