200: 名無しさん@おーぷん 2018/10/03(水)00:38:15 ID:Hic
小学生の頃の夢がアイドルとか女優になる事だった。

祖父母や両親、近所のおばちゃん達からもずっと
「可愛い可愛い」
って言われて生きてきたから、本当に心の底から
(自分は宇宙一の美少女だ)
と信じてたんだよね。
日に何度も鏡を見ては自身の可愛さにうっとりしてたわ。

そんなある時、街で美少女コンテストみたいなのが開催される事になってさ。
優勝者には5万円分の商品券。
そしてなんとテレビに出演出来るというおまけ付き。
と言ってもローカルテレビのちょっとしたインタビューなんだけど。
もう死ぬほど歓喜したね。
(とうとう私の時代が来た、世界中の人達に私という存在を教えてあげられるんだ)
って。

続きを読む