【オススメ】相互ブログ Headline  【オススメ】アンテナ Headline

アンテナHeadline


もはや

【勘+勘】「手抜きをするのでは男受け悪いし、認めてあげられないよ」



682: 名無しさん@おーぷん 21/04/19(月)18:23:51 ID:Mw.a4.L1
職場に
(だから結婚できないんだよ)
って感じの四十代の男性部下がいる。

うちはよく夕飯に鶏胸肉を湯煎してネギを散らしてポン酢をかけるだけのものを出すんだけど、夫がこれが大好きでかなり大量に作る。
余ったらタッパーに詰めて職場で食べる為に持ってくるんだけど、それをみたその男性部下が
「手抜きだ」
と批判した。

続きを読む

【指示】「お前は俺の直轄だから」



836: 名無しさん@おーぷん 21/03/06(土)01:27:58 ID:Dgl
リモート勤務が終わっていきなり激務が再開して、久々に見た会社の業務パソコンのフリーメールに “奴” からのメールw

新卒で入った私には全てが新鮮に見えてた。
営業所の指導役の30過ぎの勘助は大人に見え、下ネタやセクハラも
(そういうものか)
と気付いて無かったw

続きを読む

【脅】「馬鹿じゃん?」「顔出して物言え」「クソ●」



341: 名無しさん@おーぷん 20/10/03(土)12:28:20 ID:YH.dm.L2
LINE がまだ普及しきっていない頃、仲間内で Twitter を LINE グループ代わりに使っていた。
フォローとフォロワーは全員が同じ会社の同期で、10人前後。
別に鍵かけるような会話はなかったから、全体公開でやっていた。
そしたら私だけ外部のアカウントに粘着されるようになった。

私のツイートにだけ
「だから何?」「つまんね」「馬鹿じゃん?」「顔出して物言え」
等々の糞リプ飛ばしたり、いやらしいDMが夜中に続々届いたり。
鬱陶しいからブロックしたら、別アカを作って同じことをしてくる。
私のために全員に鍵かけさせるのは心苦しいし、私の方が別アカを作ったが、そっちにもやっぱり同じような粘着。

再度ブロックしたがまた別アカを作られて…の繰り返しだったから、私は基本ROM専になり、全体連絡への
「はい」「いいえ」
以外はツイートしないようにした。
その「はい」「いいえ」にすらたまに糞リプが付いたようだけど、ミュートで全スルー。
同僚によれば
「クソ女」
とか
「■開け」
とか下品なリプだったらしい。

続きを読む

【対象】いい加減気付いて欲しい。



429: 名無しさん@おーぷん 20/04/29(水)00:52:59 ID:si.dk.L1
二十代から見て、五十代は余程特殊な事例じゃない限り恋愛対象にならないことにいい加減気付いて欲しい。

私二十代前半で、
相手(A)は五十代後半。
Aは父親より歳上。

コロナの影響で社員を二つのグループに分けて午前/午後に別れて仕事している。

続きを読む

【( ・´ー・`)】『次は是非俺が美味しいと思う弁当を作って来てくださいよw』



(前のお話)

633: 名無しさん@おーぷん 20/04/25(土)18:00:20 ID:5W.pj.L1
ちょっと前、職場の後輩(男)に、料理するとき計量してないだけでメシマズ認定された者です。

その後輩がやらかしてくれたよ。

全国に緊急事態宣言が出たことで、うちの会社も通勤者を減らすべく、ここのところシフト制みたいな出勤形態(テレワーク不可能な業種)。
『週に数日だけ出勤するように』と、社員は機械的に出勤日を割り振られた。
都合が悪い日があれば各自申請して、その出勤日を移動したりする。

私は例の後輩と出勤日がずれたことで、快適なランチタイムを送ってた。
その矢先、私は私用があったから本来の出勤日を翌日の有休日と交換。
申請通りに1日休んで翌日出勤したら、同僚達が
「昨日凄いことがあったんだよ」
と教えてくれた。
「(私をメシマズ扱いしてきた後輩)が、勝手に他人の弁当をつまみぐいした」
んだってさ。

続きを読む

【作用】「毒だから」



150: 名無しさん@おーぷん 19/10/26(土)03:10:17 ID:Lc9
初めて付き合った彼氏が、いきなり
「(私)ちゃんの飲んでる薬って物凄い副作用あるみたいだから、飲むのやめてほしい」
って言い出した。

続きを読む

【(゚Д゚)!?】「幸せにしてやれなくてごめんなでもおまえを支えてくれる人ができて以下略」



(※編注・参考:Bluetoothによるハンズフリー通話については、こちらに県警の交通相談センターに詳しく問い合わせた記事があります。)

644: 名無しさん@おーぷん 19/07/18(木)15:19:59 ID:lg.wl.L3
男の恋愛は個別保存って俗に言うけど、まさか自分が体験する羽目になるとは思わなかった。

2年ぶりに連絡がきて、何かと思えばただの近況報告。
うっかり出てしまった私が悪いんだけど、言い訳させてもらうなら、ちょうど運転中でBluetoothだったから発信者が誰か分からなかったんだ。

まだるっこしいし
「前置きはいいから本題をどうぞ」
って話の腰を折ったら、
なんかビックリしてた。
「おまえ変わったな」
だって。

続きを読む

【勘】「というわけで今度、結婚式をあげるので、連絡先とご住所を教えてください。」



927: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)22:55:59 ID:Ikz
長い昔話になります。

学校の先生になって、新卒2年目のとき。
担任してたのは低学年。
うちの学校は一学期と二学期の終わり、計2回個人懇談がある。
その2回目の個人懇談のとき、A君のお父さん(Aパパ)と面談中の出来事。

Aパパはシングルファーザーで、息子の育児に色々悩んでいた。
だから4月からアレコレ相談されることが多く、話しやすい保護者ではあったんだけど。
懇談の最中、何かの流れで、
「それはそうと、時期はいつ頃がいいでしょうか?」
と突然聞かれた。
突然すぎて
(なんのこっちゃ)
な私。

「何の時期ですか?」
「式の時期ですよ。
あまり忙しい時期だと、そちらのご迷惑かと思いまして、一応お伺いしようかと」
「式??」
「結婚式です」
「は、え、あ、ご結婚されるんですか!?」
「はい、本当にありがとうございます」
「こちら(学校)としては、いつでも構いませんよ。
お父様とA君のご都合を優先させてください」

「いえいえ、さすがにそういうわけには行きませんから」
「…?A君、転校とかされるんですか?」
「いえ、転校はしません」
「でしたら、私どもの都合はあまり関係がないので…」
「そうは言っても、ドレス選びとか色々あると思うんですよね」
「は…?え?ドレス??」
「やはり冬休みがいいでしょうかね。
先生も少しはお休みできますよね?」


ここまできて、やっと結婚式に自分が招待されていることに気づいた。
Aパパがあまりに堂々としてるから、一瞬、保護者の結婚式に担任が出席するのは普通なのかと焦ったが、
(いやいや、いくらなんでも個人的に親しい訳じゃないし、それはおかしいだろう)
と思い直して、断ることに。
そしたらAパパ、大真面目な顔で、身を乗り出してこう言った。

「何をおっしゃるんです。
主役が不在では、式にならないじゃないですか」

いまだにこの瞬間の、何とも言えない耳がキーンとするような衝撃は覚えてる。
Aパパ、私を招待する話をしていた訳じゃなかった。
Aパパと私の結婚式の話をしていた。

当たり前だがAパパとは、“息子の担任”以外の関わりはない。
(そもそも告白もされてないのに突然結婚式!?)
とか、
(この人、息子の担任をそんな目で見てたの!?)
とか、ちょっと何言ってるか分かんないです状態。

「会場は」どうのとか、「親族が」なんだとか、勝手に話を進めるAパパを前に、しどろもどろになりながら否定してみるも、全然会話が噛み合わない。
うろたえる私に、
「驚かせてすみません」
と笑いかけ手を握ってこようとするし、もうパニックもいいとこ。

(仮にもクラスの子の保護者だし、穏便に勘違いをただすにはどうしたら)
と泣きそうになってたら、異変に気付いた順番待ちの他の保護者(廊下にいた)が、教室に入ってきてくれた。
「そろそろ私の番なんですけど~」
との保護者の言葉に、Aパパはすんなり
「では、また日を改めて話し合いましょうね」
と笑顔で去っていった。
あまりに普通すぎて怖かった。

続きを読む

【禍】「もっと関わりが深くなってからするべきだった」



958: 名無しさん@おーぷん 2019/02/07(木)14:30:46 ID:H8z
もう随分昔のことなんだけど。
どこが適切か分からないからここで。

高二だか三だかの頃、当時していた習い事が割と遅い時間に終わるものだった。
なので終わったあと近くのスーパーに寄って迎えに来て貰い、軽く買い物をして帰ってた。

で、定期考査の時期。
日程的に2週間休まないといけなくて、感覚忘れちゃいそうで嫌だったけど仕方なく休んだ。
テストも無事に…かはともかく終わって、久しぶりに習い事に行って、終わってからスーパーに向かう途中、
知らない男から突然抱きつかれた。

続きを読む

【崩】これは勉強会どころではない



421: 名無しさん@おーぷん 2017/07/17(月)10:40:10 ID:w3A
中3の頃、親友と思っていたAといつの間にか付き合ってることになっていた。

軽くスペック
俺:男、美術部。160くらい、中肉。
A:男、柔道部。170くらい、細い。

いつも通り遊んでいたある日、Aから真剣な表情で
「恋人なのになんでそんな距離があるんだ」
と言われ、軽くパニック状態に。
驚きつつも
「付き合ってる覚えはない」
と言うと、Aはショックを受けている様子に。

色々疑問が出たので、Aに事情を聞くと
「昔からの親友だが、優しいし格好いいなと思って最近、好きになっていた」
「告白は1週間ほど前にした、覚えてない?」
「嫌なことはしたくないし性的なことをするよりただ、傍にいてほしい」
「と言うか彼女いないし、付き合わない?」

と色々教えてくれた。

告白に関してはA曰く、通学路で一緒に歩いている時に
A「付き合ってほしい」
俺「いいよ、何処行く?」
みたいな告白の流れだったと言われた。
当時は普段からよく遊ぶから遊びの誘いだと思ってOKしてしまっていた。

そのため誤解を招いた所はまるっと謝罪して、改めて付き合えない事・恋人にはなれない事を言うと
「分かった」
と大人しく引いてくれた。
その日は。

続きを読む



楽天各種キャンペーン

スポンサードリンク
follow us in feedly

告知
スポンサードリンク

■ロミオメールまとめ
■本当にやった復讐まとめ
■農家の暗部まとめ
Rakuten